No Soba No Life

連休のあとのお楽しみは

皆さまこんばんは。マスターです。
ゴールデンウィークも大変盛況でありがとうございました。
連日、必死に命を絞りながら大量生産しておりましたが、
お蕎麦は全然足りていません。お断りしましたお客様、15時までOKだろうと
思って来られて、「本日は終了しました」の看板を目にされたお客様
申し訳ありませんでした。

さて、連休の後お休みをいただいて、恒例のお参りに行きました。
高野山です。
DSC_0094.jpg
この日(5/8)はお天気が良く、大塔が青空に映えていました。
お泊りさせていただいて、朝のお勤めをさせていただくのは、いつもの「西禅院」です。
DSC_0093.jpg
連休も終わり大変静かで、他に宿泊は外人さん一組だけでした。外人さんは朝のお勤めにはこられなかったので、
私たちだけの参加になり、大変贅沢なお勤めとなりました。
お勤めのあとは朝食を済ませて、奥の院へお参りいたします。
一の橋から中の橋、そして御廟橋へ。
DSC_0109.jpg
お大師様にお会いしたあと、亡父の骨を納めた納骨堂をお参りします。
ここにたどり着くと、もうすっかり邪のない、きれいな心になっています。
いつも思うことなのですが、この参道を歩くことは、行きに心と体が浄化され、帰りに
お大師様とご先祖様に背中を押していただいているような気持になれるから幸せです。

実は昨年もそうでしたが、今年も高野山へお参りするときにしか、奈良、和歌山方面へは
遠出しませんので、好きなお蕎麦屋さん巡りを心掛けています。
今年も行きました。大阪は枚方市の「天笑」さんです。天笑さんでお蕎麦を食べてから
高野山へ向かいました。
天笑のご主人、西岡さんは私の大好きな蕎麦職人さんです。
できればゆっくりと飲みながらお話しをしたいな、こんな事聞いてほしいな、
なんて思ってしまう、数少ない人たちのお一人です。当方に来られても私が忙しく、
私が行ってもご主人が忙しく、なかなかそうはならないのですが、第一線でご活躍の
有名な方なのでいつも身近に感じています。
店内は写真撮影、通信機器の使用が禁止されています。お蕎麦のおいしい瞬間を失ってほしくない、
ご主人の気配りから、不本意ながら掲示されているのだと思います。私も掲示したいですね。
なので表だけ。それも、よそサイトのパクリですw。店内は細部に至るまでお洒落で気持ちの良い空間です。
DSC00170[1]
天笑さんのお蕎麦は私のお蕎麦より細いです。粗びきのお蕎麦でもしっかりつながっていますので、
細く切れるのだと思います。そしてこれほど優れた食感の粗びきを私は他に知りません。
ご自身に厳しく、蕎麦に一途で、決して愚痴をこぼさない。お蕎麦をいただくたびに、
私はご主人にそんなイメージを重ねてしまいます。ご主人とちょっとお話しをすると、
「僕は、もう二度とシンドイという言葉を口にしません!」というのが私の台詞になってしまいます。
素晴らしいお蕎麦で、お客様もたくさん来られています。今回はあまりにお忙しそうだったので、
お蕎麦を食べたらサッサとご挨拶をすることもなくお店を後にしました。
ごちそうさまでした。流石です。私も頑張ります。

そして高野山の帰りに足を延ばしたのがこのお店です。
DSC_0121.jpg
「玄」は初めての訪問ですが、実は昨年もこのコースを計画して、予約がとれなくて断念したのです。
ですが、ご縁があって、昨年の秋にご主人の島崎さんの方から一眞坊に来てくださいました。
私はもう10年以上も酒を断っていたのですが、その日だけは嬉しくて、一緒に飲ませていただきました。
今年はもう正月から計画を立てて、2月には予約をしてOKになりました。

玄ではつい甘えてしまって、写真を撮らせていただいて、いい年こいて、ミーハーはお客をしていました。
DSC_0124.jpg
魅力のある書で、毎日お品を書かれているのですね。
料理の写真はミーハーしてたらうまく撮れないのです。食べるのにも夢中ですから。
DSC_0126_201705172116078da.jpgDSC_0137.jpgDSC_0138_20170517211722910.jpgDSC_0140.jpg
DSC_0141_201705172117249c8.jpg
撮れてないのもあります。すみません。
とても温かなおもてなしと、素朴で力強い思いのこもった素晴らしいお料理とお蕎麦です。
玄のお蕎麦は極細切りです。写真ではうまく伝わらないでしょうが、そうめんより少し太いかな?というのが
良い表現でしょうか、天笑さんも細切りですが、それよりもっと細い。
ここまで細いと切り蕎麦に力を失ってしまうと、常識ではそう思われがちですが、なんと!
しっかりプリプリもちもちとしています。つながっているだけでも不思議な感じがしてしまうのですが、
繊細でも剛の蕎麦、私はそんな印象を受けました。
玄の蕎麦粉は島崎さんがすべて手で石臼を回して作られます。毎4~5時間は玄蕎麦とお話しをしながら
一人で向き合っておられます。
「自分の手で石臼を回すことで、色々な情報を玄蕎麦から得ています。」とご主人。
その思いと情熱がしっかりと細い切り蕎麦に吹き込まれていて、感動するというよりも
人の想いが心にしみ込んでくるお蕎麦、そんな思いがしました。
DSC_0143_20170517211726509.jpg

ご主人の島崎さんはとても温厚でやさしい方です。
ですが、探求心の強い前向きな方で、常に精進という言葉がぴったりこられると
私は勝ってに思ってしまいます。
ある雑誌で、島崎さんのことを「関西の蕎麦のお父さんのような方」と書かれていたのを
記憶しています。正にそんな方です。
お蕎麦というのは作り手そのものの姿をしているようだな。なんて思ったりします。

帰りは私たちが見えなくなるまで見送ってくださいました。
そっと、島崎さんが背中を押してくださっているような思いがしました。
感謝。合唱。




  1. 2017/05/17(水) 23:15:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆さま、こんばんは。マスターです。
お花見のシーズン、そろそろ終わりですね。
一眞坊のしだれ桜も先週から咲きはじめ、昨日満開を迎えていました。
今日の豪雨でダメージがあるでしょうが、まだ二、三日は楽しめるでしょう。
と申しますのも、桜は散ってゆく姿が誠に心に残ると思えるようになったからです。
お花見、しましたよ~。今回は「みやま」さんと。
「おれ、お弁当作っていきますわ~。」と「みやま」のご主人。
なんてエエ人なんでしょう。こんな人サイコーやわ^^。
流石に料理屋のご主人!大変すばらいいお弁当を大大大サンクス。
で、これです。
DSC_0008_20170417221440dd3.jpg
DSC_0015.jpg
DSC_0006.jpg
どうです。ええでしょ^^。私は今回はオデンだけでお茶を濁して・・・・w。正午から、夜の9時ごろまでw。
いったい、何の話があんねん?。いつも、おもろいな~・・・です。
料理に対してはいつも前向きな姿勢を感じるご主人なのですが、42歳になられる節目に変化を感じました。
聞けば、今で以上に出汁に意識を向けられているご様子。なるほど!
味付けというものが、どういう技法であるのか深く自問自答をされておられるようです。
確かに、すべてのものに味のインパクトではなく、素材を支える力強い料理人の想いを感じました。
良いお店が益々よくなっていくようです。これは「華」ですね。
このときはまだ、三分咲きだったさくら。桜・・・みんな見てたか~・・・・w。

話は変わって、一眞坊の「華」。DSC_0080_20170417223330c04.jpg
満開を迎えた4/16(日) にスタッフで遊んでました。
まず、は女将さん。
DSC_0033.jpg
そして、スタッフたち。他のスタッフ、映ってなくてゴメンね。まだ、他にも華がいるんです。
DSC_0081.jpg
DSC_0083.jpg
桜の頃は私の体調はあまり良くないのです。案の定、風邪から扁桃腺を腫らして高熱でダウン、
薬でごまかしながらの桜シーズンが恒例なのですが、でも「華」あるんです。「華」はいいですね。
どんな時でも私を支えてくれます。
いつも笑顔で「おはようございます!」と元気よく出勤してくれるスタッフ。
「いらっしゃいませ~~^^。」「ありがとうございました^^。」、明るい声で楽しそうに働いてくれるスタッフ。
いつも店内に欠かさない女将の生け花。
この「華」さえあれば、どんな時でも私は良い仕事ができる。なんて思ったりします。
私の人生はほんとに華やかな人生です。

  1. 2017/04/17(月) 22:58:02|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商標

皆さま、こんばんは^^。マスターです。

先日のことになりましたが「裁ち切りそば」の商標登録が完了しましたので、ご報告します。

振り返ればこの「裁ち切りそば」を考案したのが20年前です。

はい!「なんでそうなったん?」って質問してくださいね。

長~くなる話ですが、手短にお話しすると、「強い切りそば」が欲しかったのです。

お蕎麦の命はあまりにも儚い、「二八」から「外一」へ、そして「生粉」(十割)へと

お蕎麦の風味を強く求めればもとめるほど、お蕎麦の命は短くなります。

お蕎麦を作って、お客様にお出しすれば、「速くたべてくれ~」「お連れの品が来るまで待つな~」

「携帯電話にでるな~」本音の話、ヒヤヒヤ・イライラすることも多くあります。ガッカリすることも・・・。

蕎麦屋の主人に強面や偏屈なイメージが多く持たれているのは、

こんなところから来ているのかもしれませんね。

お蕎麦を愛しているから、そこにお運びするまでにたくさんの人の情熱がこもっているから、

なので気を悪くなさらないでくださいね。

だからと言って、出された品物をどのように食すかはお客様の勝手です。

能書きを聞かされると気分を害することの方がおおいでしょう。

そう、弱いそばを作っている自分が悪い!。なんとか1秒でも長く生きている「切り蕎麦」を作らねば。

25年前の開業当初から、常にそのことばかりを考えて仕事をしていました。

とうとうそば切包丁を捨てて、20年前にこの「裁ち切りそば」を完成させました。

それからも何度も頭を打ちながら、現在に至っています。

今でも試行錯誤の繰り返しなのですが、ひとまず、これが、古今東西において、

唯一無二のものであると国が認めてくれました。これを授かりました。
DSC_0172-s.jpg
DSC_0176-s2.jpg
皆さま、お蕎麦のブランドが誕生しました。

私はこれからこのブランドを守っていくのですが、大きな目標も得ることができました。

一眞坊を支えてくださるお客様に感謝の意を持ってご報告させていただきます。

また商標を得るまでにご協力いただいた方々、弁理士の萩森先生に深く感謝いたします。



  1. 2016/05/16(月) 21:08:19|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

高野山へ

皆さま、こんばんは。

ゴールデンウィークの後、連休をいただいて高野山へお参りしてきました。

実は12年前に亡父の骨を奥の院に納骨させていただいて、先日13回忌をむかえたのですが、

納骨以来、一度も本山はお参りせず、お盆になると施餓鬼をお願いするくらいで、

菩提寺へは、年に何度かのお参りで申し訳ないことをしておりました。

13回忌の折に、今年は宿坊に泊まらせていただいて朝のお勤めをさせていただいて、

奥の院を亡父を想いながらゆっくりとお参りしようと決意しておりました。

泊まらせていただくのはもちろん、亡父納骨のときにお世話になった「西禅院」です。

DSC_0134.jpg
綺麗なお部屋から「大塔」が見えます。
DSC_0130.jpg
お風呂も大変綺麗で、「宿坊」のイメージが変わってしまいました。なので、お料理なんかも全く期待していませんでしたが・・・
DSC_0126.jpg
DSC_0125.jpg
このお料理は誠によかったです。ごらんのように豪華さはありませんし、質素な精進料理です。

宿坊ですからこれがオーソドックスなスタイルだと思います。
むしかし、ご飯が素晴らしく美味しく炊けている、一つひとつの品、さりげなく添えられているお漬物や梅干し、

仕入れて付け合わせてものであっても良いものが吟味されています。

私はふと、若い頃に「精進料理」とは何ぞや?という先輩の言葉に、「生臭をつかわないものでしょ?」

と答えて、メチャ説教されたことを思い出しました。

「手に入る素材で、誠心誠意の技法を尽くす料理を言うのや!」ということでした。

仏教の修行に精進料理というのが定説になったからか、単に動物や魚など生物を食材とする禁じたものだと思っておりました。

もちろんその意味もあるのですが、それは食される側の事情で、料理としての意味、料理人としての受け止め方はまるで違う

のだと説教されました。今の時代では食材は何でも手に入れるつもりであれば短時間に手に入る。だが、昔はそうではなかった、

特に山間部ではどんなものが食材となったかを考えると、料理でおもてなしをするということは大変なことだったでしょう。

今では「精進料理やから生臭は使たらあかん」ということなんですが、本来は「生臭は手に入らないけれど、誠意一杯の技法で

おもてなししよう」という意味で「精進」という言葉が使われたそうです。作る側の意味ですよ^^。

そんなことを思い出しながらお料理をいただきました。心が洗われるようでした。ごちそうさまでした。

西禅院から総本山「金剛峯寺」は歩いてもすぐですので、朝のお勤め、朝食の後、お参りしてきました。
DSC_0142.jpg
DSC_0146.jpg
初めてお参りした金剛峯寺、秀吉が寄進したというので豪華絢爛で平等院のようなイメージをもっていたのですが、

趣のある、中庭の美しい、どちらかというと「わび・さび」を感じました。さすがに襖絵などは素晴らしいものですが、時代とともに

華やかさよりは時の厚みを感じるものでした。

そして、ゆっくりと往復三キロちょっとになるでしょうか、奥の院を「一の橋」からお参りします。

お大師様のおられる「御廟」まで三つの橋があります。「一の橋」「中の橋」「御廟橋」。

「御廟橋」からは脱帽で、写真撮影は禁止となり、ここを渡るとお大師様に会えます。「御廟」の横には「納骨堂」が

設けられています。私はここに亡父の骨を納めました。もちろん写真は撮れませんでした。
一の橋
DSC_0154.jpg
中の橋
DSC_0156.jpg
御廟橋
DSC_0159.jpg
「橋を一つひとつ渡る度に今までの罪が消えてお大師様のところにたどり着くまでに綺麗な体になってるねんて^^。」

どこで仕入れたのか女将がそんなことを言っていました。でもゆっくりと戦国武将たちや歴史上の偉人たちのお墓を見ながら

奥の院の森にパワーをもらっていると「ほんまや」と思ってしまい、お大師様のところへは真っ白な気持ちでお参りできるような

きがするから不思議です。久しぶりに納骨堂へお参りし亡父の想い出に触れ、暖かな気持ちになりました。

毎年お参りしようと女将と話しながら参道を帰りました。













  1. 2016/05/11(水) 00:14:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花見

皆さま、おひさしゅ~ございます。マスターです。

あれ~、ブログは今年お初だったんですね。

ついこの間書いたばかりと思っていましたが、あれはお正月のことだった・・・。

ん~~ん、時間はまっこと、矢のごとく流れて行きますね。

今日は女将と二人でお花見をしました。一眞坊のしだれ桜、本当に見事です。満開です。
DSC_0060.jpg
DSC_0084.jpg
いつも思うのですが、この桜の写真がうまく撮れないのです。もっとすごいのですが・・・。

本当は、もっと友人達をお花見に招待して皆でワイワイとやりたいのですが、

この時期の私の体調は極めて不安定なのです。花粉?風邪?疲労?過労?ただの衰え?

人との前々からの約束をドタキャンするのもこの時期なのです。体調を悪くするとお決まりに扁桃腺を腫らして

40度の発熱、扁桃腺の手術をしたらどうかと思いながら50年以上も過ぎています。いまさら手術?ん~~、

てなことで、とりあえず、体調管理に慎重になっております。「この時期に約束事はしない」これ、我が家の

家訓になりつつあります。で、お花見のご招待はしていないのですが、お休みの日でも我が家の駐車場には

パラパラとお花見のお客様がいらっしゃいます。私自身、今田町屈指の桜の名所かな?と思っているくらい

見事な桜ですから、是非、見ていただきたいと思っております。

 今日は久しぶりに惰眠をむさぼっていました。昨夜23時に寝て、起きたのが本日11時!12時間も寝たって

久しぶりというか驚きました。「お昼お花見ランチしようね^^」そういや~、女将がそんなことを言ってたな~。

よし、サンドイッチつくるぞ~って起きましたw。で、これです。
DSC_0067.jpg
ん~、これも写真がうまく撮れてない!ちょっとイラ。

サンドは結構頑張ったんです。うちの合鴨のタマゴサンド、菜の花と鴨ミンチのサンド、鴨スモークと野菜のサンド。

「ワシにしか作れんじゃろ~」サンドにコーヒ焙煎して、コーヒーはエルサルバドルのサンタ・リサ・ハニーピーベリー。

淹れるのがちょっと難しいコーヒー。浅く焙煎して荒く挽いてぬるめの温度で淹れるとナイスなハニー。

サンドもコーヒーもおいしかったな~。で、やっぱこんなきれいな桜に美味いコーヒーにサンドイッチ。

やっぱり、来年はお花見会をしたいな~。って思っていると宅配便が・・・。ん?今日はな~んも来るはずないぞ?

と見てみると、セサミンEXの60日分サンプルが当選したってさw。
1254.jpg
体調が良くなるなら何でも飲めばよいのでしょうし、これが利くのも素晴らしいでしょう。

でもその結果、これなしで生きてはいけぬ自分がいたら、それってどうなのかな?

なんて、思ったりしまして、これを前に腕組みしています。


  1. 2016/04/11(月) 23:14:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

sobaskey

Author:sobaskey
一眞流裁ち切り蕎麦、一眞坊の店主です。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
仕事 (14)
料理 (1)
お漬物 (4)
coffee (4)
器 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR