No Soba No Life

まずは最近の仕事の変化から

ブログを始めるにはまずこのお話から。

私はこの蕎麦職人の世界に入ってからすでに30年以上になりますが、

先月、初めて「捏ね鉢」を作ってもらいました。

作っていただいた捏ね鉢がこれです。御影石で内径60㎝、外径70㎝、重さ70㎏。

DSC_0090.jpg



なんで今まで作ってもらわなかったん?とか。じゃ、いままではどうしてたの?

とか思いますよね。私も何で今まで思い切らなかったんだろうって思います。

だって、今まではね。こんなんでやっていたんです。

DCP_0720151.jpgDCP_0722121.jpg

大変にお粗末な道具立てで、ガッカリと思う方もいらっしゃるでしょが、これはこれなりに

岩~としたこだわりがあって、このタライに氷水、直径60センチのステンレスボールが

この一眞坊を支えていたんですよ。

そばはなぜ打ちたてがいいのでしょうか?決まってますよね~新鮮だからです。

ですが、玄人の視点になるともう少し具体的になります。そばは酸化するのがすこぶる速いのです。

本当にこんなに儚いものがこの世にあるのかと思わせるくらい、そばが本来の姿をしている時間は短い。

それ故、本当の蕎麦の素晴らしさをお客様にお伝えすることは難しい。

嘆いていても何も生まれないので、とにかくなんとかしようと知恵をしぼった姿が

この、氷水タライにボールでした。冷たく可能なかぎり茹でるまで蕎麦を冷たく凍らないように保存。

お客様にわかっていただきたいのではなく、全力を尽くすという私の真心がそうさせてきました。

付け加えれば、貧しかったこともありますよ。ですが、何百万とする製粉機械を持っているわりに、

アンバランスであったことは確かです。

で、じゃ~、何でワザワザ石で作るんじゃ?って聞いてほしいな~w。

ヨウゴザンス、お答えしましょう。

石は熱をとてもよく吸収してくれます。これを氷で冷やしておけば、スンゴイ冷たいお蕎麦の捏ねが

できるんです。じゃ今までの氷水タライにステンボールでもおなじじゃん。ってそういうこと言わない!

私は捏ね上げた蕎麦玉をさらに力いっぱいステンレスボールに何度も打ち付けて玉の仕上げをしてきまし

た。その結果、何年かするとステンボールが変形して割けてくるのです。スゴイ力だったんだぜ~。力を受け

止めるものがしっかりしているとより良い仕事になることは当初からわかっていて、この捏ね鉢をなんとか

石で作れないものか。20年以上そんなことを思いながら毎日ステンのボールで蕎麦を捏ねていました。

石の捏ね鉢はどこにも売っていないし、代用品は餅つきの石の臼でしたが小さすぎ。自分の理想をかなえて

もらう代価はスコブル高くなる、っていうのが20何年も足踏みをしていた理由です。ず~っと。今もこれか

らも借金漬けですからね~。あまり高価なものは自分とは違う世界におられると思っていたのですよ。

今回のお店と住居の移転で私の最終的なお城造りは完成しました。心に残っていたわがままをお世話になっ

中井工務店に相談してみると、なんと。あっさりと希望を実現してくれました。何でも一人で勝手に思い

込んで無理だとか夢だとか言ってないで自分から発信して協力者を求めてみるもんだ!


この石の捏ね鉢は私が没したら私の墓標にしてもらいます。そしてこの鉢は半永久的にこの世に存在するで

しょうから、お釈迦様の教えの通り私が転生したときに再び巡り合うことがあればいいな。そんな事をおも

ったりします。

中井工務店さん、大江山石材さん。ありがとうございました。
  1. 2013/07/23(火) 22:59:08|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<復活の兆し | ホーム |

コメント

蕎麦に感謝 一真坊に感謝!

大将 女将さん ご苦労様です

何時行っても 変わらない 蕎麦 出汁 蕎麦ガキ!

心の隠った 御持て成し 恐縮してます 私 一眞坊 を

知り 11年か13年になりました 近頃俄 蕎麦通 達が

あぁでもない こぅでもないと 蕎麦談義に 花を咲かせていますが

一眞坊大将の 変わらない直向きな 姿を ブログ で知り

乱文では 御座いますが メール した次第です

此れからの 益々の 活躍を お祈り致します!!

2015年1月吉日 いわた!!
  1. 2015/01/07(水) 20:50:03 |
  2. URL |
  3. 猫フンジヤッタ #-
  4. [ 編集 ]

いわた様。
Reコメントが遅くなり申し訳ありません。

暖かいお言葉、ありがとうございます。とても励みになります。また長年に渡り、一眞坊を支えてくださり、感謝いたします。これからも、お客様に期待されるような職人でいるべく、精進してましります。ブログはあまり更新しておりませんが、ずっとこのペースで続けてまいりますので、たまに遊びにきてくだされば嬉しく思います。ありがとうございました。
  1. 2015/01/30(金) 21:53:02 |
  2. URL |
  3. マスター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobaskey.blog.fc2.com/tb.php/1-0500804f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sobaskey

Author:sobaskey
一眞流裁ち切り蕎麦、一眞坊の店主です。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
仕事 (14)
料理 (1)
お漬物 (4)
coffee (4)
器 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR