No Soba No Life

皆さま、こんばんは。マスターです。
お花見のシーズン、そろそろ終わりですね。
一眞坊のしだれ桜も先週から咲きはじめ、昨日満開を迎えていました。
今日の豪雨でダメージがあるでしょうが、まだ二、三日は楽しめるでしょう。
と申しますのも、桜は散ってゆく姿が誠に心に残ると思えるようになったからです。
お花見、しましたよ~。今回は「みやま」さんと。
「おれ、お弁当作っていきますわ~。」と「みやま」のご主人。
なんてエエ人なんでしょう。こんな人サイコーやわ^^。
流石に料理屋のご主人!大変すばらいいお弁当を大大大サンクス。
で、これです。
DSC_0008_20170417221440dd3.jpg
DSC_0015.jpg
DSC_0006.jpg
どうです。ええでしょ^^。私は今回はオデンだけでお茶を濁して・・・・w。正午から、夜の9時ごろまでw。
いったい、何の話があんねん?。いつも、おもろいな~・・・です。
料理に対してはいつも前向きな姿勢を感じるご主人なのですが、42歳になられる節目に変化を感じました。
聞けば、今で以上に出汁に意識を向けられているご様子。なるほど!
味付けというものが、どういう技法であるのか深く自問自答をされておられるようです。
確かに、すべてのものに味のインパクトではなく、素材を支える力強い料理人の想いを感じました。
良いお店が益々よくなっていくようです。これは「華」ですね。
このときはまだ、三分咲きだったさくら。桜・・・みんな見てたか~・・・・w。

話は変わって、一眞坊の「華」。DSC_0080_20170417223330c04.jpg
満開を迎えた4/16(日) にスタッフで遊んでました。
まず、は女将さん。
DSC_0033.jpg
そして、スタッフたち。他のスタッフ、映ってなくてゴメンね。まだ、他にも華がいるんです。
DSC_0081.jpg
DSC_0083.jpg
桜の頃は私の体調はあまり良くないのです。案の定、風邪から扁桃腺を腫らして高熱でダウン、
薬でごまかしながらの桜シーズンが恒例なのですが、でも「華」あるんです。「華」はいいですね。
どんな時でも私を支えてくれます。
いつも笑顔で「おはようございます!」と元気よく出勤してくれるスタッフ。
「いらっしゃいませ~~^^。」「ありがとうございました^^。」、明るい声で楽しそうに働いてくれるスタッフ。
いつも店内に欠かさない女将の生け花。
この「華」さえあれば、どんな時でも私は良い仕事ができる。なんて思ったりします。
私の人生はほんとに華やかな人生です。

  1. 2017/04/17(月) 22:58:02|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商標

皆さま、こんばんは^^。マスターです。

先日のことになりましたが「裁ち切りそば」の商標登録が完了しましたので、ご報告します。

振り返ればこの「裁ち切りそば」を考案したのが20年前です。

はい!「なんでそうなったん?」って質問してくださいね。

長~くなる話ですが、手短にお話しすると、「強い切りそば」が欲しかったのです。

お蕎麦の命はあまりにも儚い、「二八」から「外一」へ、そして「生粉」(十割)へと

お蕎麦の風味を強く求めればもとめるほど、お蕎麦の命は短くなります。

お蕎麦を作って、お客様にお出しすれば、「速くたべてくれ~」「お連れの品が来るまで待つな~」

「携帯電話にでるな~」本音の話、ヒヤヒヤ・イライラすることも多くあります。ガッカリすることも・・・。

蕎麦屋の主人に強面や偏屈なイメージが多く持たれているのは、

こんなところから来ているのかもしれませんね。

お蕎麦を愛しているから、そこにお運びするまでにたくさんの人の情熱がこもっているから、

なので気を悪くなさらないでくださいね。

だからと言って、出された品物をどのように食すかはお客様の勝手です。

能書きを聞かされると気分を害することの方がおおいでしょう。

そう、弱いそばを作っている自分が悪い!。なんとか1秒でも長く生きている「切り蕎麦」を作らねば。

25年前の開業当初から、常にそのことばかりを考えて仕事をしていました。

とうとうそば切包丁を捨てて、20年前にこの「裁ち切りそば」を完成させました。

それからも何度も頭を打ちながら、現在に至っています。

今でも試行錯誤の繰り返しなのですが、ひとまず、これが、古今東西において、

唯一無二のものであると国が認めてくれました。これを授かりました。
DSC_0172-s.jpg
DSC_0176-s2.jpg
皆さま、お蕎麦のブランドが誕生しました。

私はこれからこのブランドを守っていくのですが、大きな目標も得ることができました。

一眞坊を支えてくださるお客様に感謝の意を持ってご報告させていただきます。

また商標を得るまでにご協力いただいた方々、弁理士の萩森先生に深く感謝いたします。



  1. 2016/05/16(月) 21:08:19|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

年越し

皆さまこんばんは、年越しそばを終えることができました。
ご来店いただいたお客様、まことにありがとうございました。
長い時間お待ちいただき、大変申し訳ありませんでした。
また、売り切れのためおもてなしできなかったお客様、申し訳ありません。
胸がしめつけられるような思いですが、これが私の限界です。ご理解ください。

年越しは、御前0時を回ってから蕎麦打ちの段取りにはいります。
石臼はタイマー運転で私が寝ている間にも働いております。DSC_0018.jpg
で、こんなんして仕事してます。
DSC_0010.jpg
DSC_0009.jpg
玄蕎麦と丸ぬきの実の間にお酒を捧げてはじめます。
これは私の年越しの風習なのです。
きっかけは父が存命のころ、年越しになるとよく父が私が打った蕎麦を箱詰めしてくれました。
若い頃は48時間ぶっ通しの年越しになっていましたから、父も老骨に鞭打って手伝ってくれました。
年越しの仕事は大変寒くても暖房などつけれませんので「ま~一杯やりながらゆっくりやって」と
私は父にお酒を注いだものです。

父が亡くなってからも、一人で年越しの仕事をしていると、後ろのほうで父の気配を感じたり、
不思議なもの音がしたり、極め付けはエアータオルが勝手に作動したりとか、ま~いろいろな
偶然なのでしょうが、年越しになると親父が手伝いにくると思ってたほうが楽しいかと思い、
父にお酒を注いでから蕎麦打ちに入るようになりました。

で、一人前を切っては箱に詰めていきます。
お客様の注文伝票を見ながら詰めていきますので、
このお蕎麦は○○様の分だな、などと思いながら詰めていきます。
DSC_0011.jpg
DSC_0012.jpg
静かな麺打ち場に綿棒の滑る音、後ろで石臼の回る音だけが響き、
寒さと相まって精神が研ぎ澄まされていくような気がします。
私の好きな時間です。
蕎麦職人だけが知る胸にキュンとくるような年越しの夜の情緒。
いいもんです。
来年もまたこの日を迎えることができるよう、頑張ります。
とりあえず新年は明日の元旦から頑張りますから、
皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

では良い年をお迎えください。   感謝、合掌。


  1. 2015/12/31(木) 19:29:57|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新蕎麦はいつかにお答えします

皆さまこんばんは、マスター頑張ってます。ブログ更新レンチャンです。
忙しさでちょっとナチュラルハイでしょうかw。

今日も朝からお電話で、「もう新蕎麦になりましたか?」というお問い合わせが何軒もありました。
毎年のことなのですが、私のところの福井在来種は11月中旬に新蕎麦が送られてくる予定です。
あくまでも、お天気がこのままであればですが。

実は先月シルバーウィークの後に代休をいただきまして、福井丸岡までソバ畑と調整施設の見学
に行ってきました。そばの花が満開でした。
DSC_0423.jpg

DSC_0424.jpg
この花を見に来たのはここ数年凶作が続いている丸岡が心配であったこと、花を見ればどれくらいの面積で栽培されて
どれくらいの収穫が見込めるか大体の想像がつくこと、そしてなにより、花の受粉がうまく行っているかを見たかったのです。
豊作時の70%はこのまま台風がこなければいけるでしょう、とのことでした。
お蕎麦の受粉がうまく行っていると、ちょっと臭いんですよw。そう牛糞とか鶏糞を大量に播いたような匂いがします。
私たちには感動の匂いなのですが、観光の方にはどうかな?おそらくそれがお蕎麦の花粉の匂いだと気づかないでしょうね。

そして長年お世話になっているよJAハナサキ福井さんの調整施設を見せていただきました。
DSC_0418.jpg
乾燥機や磨き機、選別機の大型のものがいっぱい並んでいて、ワクワクでした。
DSC_0419.jpg
脱皮機やカラー選別機、石臼などすべての設備を見学させていただきました。
DSC_0421.jpg
たくさん写真があるのですが、これくらいにしておきます。で、お気づきでしょうか?メチャ清潔にされています。
蕎麦の調整は粉にするまでには大変に粉塵が飛び散り、調整室は埃だらけになるのが常です。毎日作業の度に
相当に尽力していなければ人に見せられるような状態にはありません。
大きな設備室のどこもが大変清潔に保たれ、すべての部屋が靴を脱いで上がらなければならないと思われるように
綺麗にされていました。流石です。
そば畑の美しさ以上に設備の清潔さに感動しました。

で、実はこの旅行、前日から一泊で行ってましたw。
越前海岸の「石丸」さんに宿泊させていただいて、アワビのフルコースをいただきました。
DSC_0331.jpg
目の前が綺麗な日本海で、夕日がとても素晴らしいお宿です。
DSC_0349.jpg
30年の熟年夫婦もちょっとロマンチックでしたw。
で、お料理が最高、お値段格安、暖かでさりげないおもてなしで大満足でした。
お風呂もよかったです。
DSC_0370.jpg
黒アワビの肝和え、椀物、酢の物、お刺身、てんぷら、ステーキにしゃぶしゃぶ、アワビごはん。
これでもか、というくらいアワビのオンパレードおそらく1人前に大きなアワビ4つくらい使ってる。
おなかキンキンw。で、宿泊、朝食までついて一人2万円少々です。そうそう、朝食に美味しいコーヒーまでついてきます。
3代目のご主人が前の海でアワビを捕ってくるから安くていいのだそうです。さ~写真のオンパレードw。
DSC_0371.jpg
DSC_0375.jpg
DSC_0378.jpg
DSC_0384.jpg
DSC_0380.jpg
DSC_0388.jpg
まだまだありますが、なんだかおなかすいてきたので、この辺にしてもう寝ますねw。

有意義な旅行をさせていただきました。これもお客様のおかげですね。
え?鴨ちゃんはどうしたん?ってですか。
お店のアルバイトの麻央ちゃんがお世話してくれたので一泊できたんです。感謝^^。

今度は越前カニをいただきに、もう計画しています。
そのときにまたUPしますね。

では皆さま、またのブログがいつになるやらわかりませんが、
何かのときに思い出してくださいませ。では。では。












  1. 2015/10/24(土) 21:25:45|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝電

皆さん、こんばんは。
毎度ご無沙汰のマスターです。

さて、昨日の朝のことになってしまいましたが、
私がいつものように、そばを打っていると、「おはようございます。電報です」
と、電報がとどきました。

ん?電報?どっから~?今時電報?結婚式と親父の葬式以来やん。不思議~。
昔だったらこういうのはあまり良い知らせではない記憶がある。でもそれは電話がまだ普及していなかった時代の頃。
そばを打っているので誰からかだけ見てみると、アサヒビールさんではありませんか。
で、そばを打ち終わってから開けてみると!これです。
DSC_0001.jpg
ミシュランガイド兵庫版に掲載されたことの祝電でした。女将さんもうれしかったみたいです。祝電どこいったかと探していたら
玄関に貼ってありましたw。スタッフも喜んでくれました。アサヒビールさん、ミシュランさんありがとうございました。

実はミシュランの調査員さんが来られていろなやりとりはあったのですが、記事の公正などは一切なかったので、
あ~選考漏れしたな?くらいに思っておりました。
で、発刊記念パーティーの案内をいただいたときには、また不思議な思いでした。
掲載しない人を呼んでどうするんだろ?ま~当日は営業日なので欠席とお返事を出して、
忙しさにかまけて忘れていました。

祝電をいただいて初めて掲載を知りましたが、また不思議「ビブグルマン」って何?☆じゃないのか・・・。
調べたところ、税金・サービス料込で5000円以内で楽しめるお店ってことだそうです。

ん~、これって気軽に行けるお店をミシュランがお勧め宣伝してくれてるってことで・・・・・
メチャ忙しくなるんでないの~?

実は今でも週末・平日問わず限界状態で奮闘しておりますが、これからが大変かな。
ま~、おめでたいことで、感謝です。

篠山で掲載されたお店は結構あるみたいですね。まだ本を見ていないのでお友達関係のお店のとこしかわかりませんが、
お友達のお店も掲載されたので、これもまたうれしいです。皆でお祝いでもしょうかな。

来月、一眞坊は創業25周年を迎えます。
節目の今年に大きな掲載を三つもいただきました。合わせて三つ☆ってことで・・・。
25周年ですが、特にイベントやセレモニーは考えておりません。
目標が50周年ですので、私はまだ折り返し地点にたどり着いたところです。
ようやく、青さが抜けて、これから本領発揮、ますます精進いたします。

体力が衰えていくぶんだけ、お蕎麦の数が少なくなってきますが、
皆さまどうぞ、末永く一眞坊を御贔屓によろしくお願いもうしあげます。

感謝。合唱。

  1. 2015/10/22(木) 21:40:06|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

sobaskey

Author:sobaskey
一眞流裁ち切り蕎麦、一眞坊の店主です。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
仕事 (14)
料理 (1)
お漬物 (4)
coffee (4)
器 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR