No Soba No Life

掘りごたつ

こんばんは^^。マスターです。

工事が順調に進んでおります。実は内装工事は2日前に終了しております。
今回の床の工事も中井工務店さんにお願いしております。

5年前のこのお店の移転と改装工事、自宅の新築工事や後のテラスの工事、玄関土間の工事、カーポートの工事、
とにかく、何かあると中井工務店さんのお世話になっています。

中井工務店さんとの出会いって何だと思います?
ブログなんです。

7年・・・8年前に私はお店の移転を余儀なくされていました。
頼れる人もなく、情報も少なく、毎日のようにネットで検索していると

このブログに出会いました。http://ikkyuuoyaji.blog104.fc2.com/
そう会長の「中井工務店おやじのブログ」です。

本社社宅の古民家を貸しますよ。という内容のものが「田舎暮らし 篠山」でヒットしたのがはじまりです。
そして相談のメールを出すと、すぐに丁寧な返信があり、とにかくブログの主にお目にかかろうとしました。

それから何度もなんども、色々な角度から意見交換、提案と調査、設計を2年ほど繰り返し、今の一眞坊があります。
移転計画は二転三転し、工期や予算の無理をゴリ押しさせていただいた経緯があります。

その経緯は信頼と絆になっていると私は思っております。
中井工務店、私は大好きです。

2/1から工事が始まりましたが、仕事がキッチリで速いハヤイ。
床の解体と廃材の撤去は1日であっさり終わっちゃいました。
DSC_0015_20180219004642ccc.jpg
次の日には床を支える基礎工事が始まりました。
DSC_0028.jpg
そして断熱材が貼られ、
DSC_0051_20180219004646265.jpg
囲炉裏下の掘りごたつが出来上がっていきます。
DSC_0053 (1)
そして2/16日、予定より1週間以上早く、床の張り替え工事と囲炉裏下の掘りごたつ工事を完成させてくださいました。
DSC_0073_2018021900465131c.jpg

DSC_0068.jpg
掘りごたつの足下には床暖房を入れていただき、檜の一寸板で背もたれを付けていただきました。
膝を折るのが苦手な方が多く、念願の「囲炉裏下掘りごたつ」の完成です。これ珍しいと思います。

私たちの焼いた杉板が張られ、養生の取れたキッチン前のテーブル席はこんなんです。
こうやって焼いた板が、
DSC_0007_20180219004643bf7.jpg
こうなります。
DSC_0096.jpg

DSC_0098.jpg
いつも理想を現実してくださってありがとうございます。

今日は友人がユンボ持参で駐車場前の道の整地に来てくれました。
DSC_0101.jpg
屋根も急ピッチで仕上がっています。
DSC_0103.jpg

人との出会いご縁って素晴らしいですね、ものが出来上がると感謝の気持ちいっぱいになります。
次回は屋根の写真をもっとUPしたいと思います。











  1. 2018/02/19(月) 01:15:27|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茅葺き屋根

皆様こんばんは、マスターです。
さて、茅もどんどん運び込まれ、屋根の工事も順調にすすんでおります。DSC_0002_2018020815371462f.jpg
うちの屋根は合掌の大平2面の屋根です。まずは片方の屋根にシートがかけられます。
DSC_0001 (1)
下の方から順に古い茅が下ろされていきます。DSC_0016 (1)
そして端の方から丁寧に葺かれていきます。DSC_0025.jpg
中から見るとこういう状態です。
DSC_0036.jpg
私も葺いている最中にお邪魔したり、
古い茅を下ろす作業を手伝わせていただいたりして、楽しい毎日です。
DSC_0019.jpg
大変お邪魔だったでしょうが、職人さんが私を撮ってくださいました。うれしそうにニヤけていますね~。
人生の中でこんな希少な体験ができるなんて、そしてこれが私の一眞坊の屋根だなんて、本当に幸せであります。
職人さんはほんとうに凄いです。茅を葺いているところがこれです。アップで撮るのは難しいです。
DSC_0035.jpg
お邪魔にならないようにこれが精一杯かな。
DSC_0033_20180208153721d9d.jpg
茅を剥いでいるところ
DSC_0025 (1)
茅を剥いで一束に、縛り上げてから下ろしていきます、大変に埃がたちますが、マスクも何もしません。驚きです。
下では茅の加工が行われリフトで上へ。上げられます。
DSC_0044.jpg
本日2/8には反対側の屋根にもシートが貼られ、下側の茅が下ろされました。
DSC_0048.jpg
私が想像していたよりもかなり速いペースで工事がすすんでいきます。
晴れた日ばかりではありません、雨、風、雪、屋根の仕事は過酷です。
ご苦労さまです。
毎朝、工事の安全を祈っております。









  1. 2018/02/08(木) 16:19:31|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

門松

DSC_0245.jpg
皆様こんばんは、お久しぶりのマスターです。

今年も自家製ですが、門松を飾りました。毎年、竹は野菜を納品してくださる農家さんに、

松は一眞坊の裏の松林の地主さんにお世話になっています。

写真ではよくわかりませんが、これに梅の盆栽を加えてこの梅も今年で3シーズン目となります。

お金をかけるのは葉ボタンを買ってくるくらいです。

竹を切るのは年々スキルが上がってきます。ただ、腕がパンパンになります。

私は自分で作る門松が大好きです。作りながら一年を振り返ると、感謝の気持ちがこみ上げてきます。

こうしてまた、門松を飾り新年を迎えることができ、とくに今年は大変繁盛させていただいた年で、私の体も悲鳴を上げておりまし

たが、1日も休むこともなく皆でたくさん笑った素晴らしい一年でした。皆様に心から感謝いたします。

また、スタッフ一人ひとりのスキルも大きくアップし、とても充実した仕事ができた一年でもあり、幸せでありました。

私は50を過ぎたころから自分のスキルが下り坂に入っていることを自覚しており不安でしたが、

還暦を迎えるにあたり、その衰えも年輪と思えるほど、女将にスタッフに支えられながら成長することができました。

この成長もきっと「裁ち切りそば」に感じていただけると信じております。

一眞坊は毎年、大晦日はもちろん元旦から三賀日を通常通り営業し、皆様のお越しをスタッフ一同心からお待ちしております。

どうぞ、来年もご贔屓にお願い申し上げます。

1/4と1/5にお休みをいただきます。よろしくお願い申し上げます。
                                                        マスター


  1. 2017/12/28(木) 22:23:18|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆さま、こんばんは。マスターです。
お花見のシーズン、そろそろ終わりですね。
一眞坊のしだれ桜も先週から咲きはじめ、昨日満開を迎えていました。
今日の豪雨でダメージがあるでしょうが、まだ二、三日は楽しめるでしょう。
と申しますのも、桜は散ってゆく姿が誠に心に残ると思えるようになったからです。
お花見、しましたよ~。今回は「みやま」さんと。
「おれ、お弁当作っていきますわ~。」と「みやま」のご主人。
なんてエエ人なんでしょう。こんな人サイコーやわ^^。
流石に料理屋のご主人!大変すばらいいお弁当を大大大サンクス。
で、これです。
DSC_0008_20170417221440dd3.jpg
DSC_0015.jpg
DSC_0006.jpg
どうです。ええでしょ^^。私は今回はオデンだけでお茶を濁して・・・・w。正午から、夜の9時ごろまでw。
いったい、何の話があんねん?。いつも、おもろいな~・・・です。
料理に対してはいつも前向きな姿勢を感じるご主人なのですが、42歳になられる節目に変化を感じました。
聞けば、今で以上に出汁に意識を向けられているご様子。なるほど!
味付けというものが、どういう技法であるのか深く自問自答をされておられるようです。
確かに、すべてのものに味のインパクトではなく、素材を支える力強い料理人の想いを感じました。
良いお店が益々よくなっていくようです。これは「華」ですね。
このときはまだ、三分咲きだったさくら。桜・・・みんな見てたか~・・・・w。

話は変わって、一眞坊の「華」。DSC_0080_20170417223330c04.jpg
満開を迎えた4/16(日) にスタッフで遊んでました。
まず、は女将さん。
DSC_0033.jpg
そして、スタッフたち。他のスタッフ、映ってなくてゴメンね。まだ、他にも華がいるんです。
DSC_0081.jpg
DSC_0083.jpg
桜の頃は私の体調はあまり良くないのです。案の定、風邪から扁桃腺を腫らして高熱でダウン、
薬でごまかしながらの桜シーズンが恒例なのですが、でも「華」あるんです。「華」はいいですね。
どんな時でも私を支えてくれます。
いつも笑顔で「おはようございます!」と元気よく出勤してくれるスタッフ。
「いらっしゃいませ~~^^。」「ありがとうございました^^。」、明るい声で楽しそうに働いてくれるスタッフ。
いつも店内に欠かさない女将の生け花。
この「華」さえあれば、どんな時でも私は良い仕事ができる。なんて思ったりします。
私の人生はほんとに華やかな人生です。

  1. 2017/04/17(月) 22:58:02|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商標

皆さま、こんばんは^^。マスターです。

先日のことになりましたが「裁ち切りそば」の商標登録が完了しましたので、ご報告します。

振り返ればこの「裁ち切りそば」を考案したのが20年前です。

はい!「なんでそうなったん?」って質問してくださいね。

長~くなる話ですが、手短にお話しすると、「強い切りそば」が欲しかったのです。

お蕎麦の命はあまりにも儚い、「二八」から「外一」へ、そして「生粉」(十割)へと

お蕎麦の風味を強く求めればもとめるほど、お蕎麦の命は短くなります。

お蕎麦を作って、お客様にお出しすれば、「速くたべてくれ~」「お連れの品が来るまで待つな~」

「携帯電話にでるな~」本音の話、ヒヤヒヤ・イライラすることも多くあります。ガッカリすることも・・・。

蕎麦屋の主人に強面や偏屈なイメージが多く持たれているのは、

こんなところから来ているのかもしれませんね。

お蕎麦を愛しているから、そこにお運びするまでにたくさんの人の情熱がこもっているから、

なので気を悪くなさらないでくださいね。

だからと言って、出された品物をどのように食すかはお客様の勝手です。

能書きを聞かされると気分を害することの方がおおいでしょう。

そう、弱いそばを作っている自分が悪い!。なんとか1秒でも長く生きている「切り蕎麦」を作らねば。

25年前の開業当初から、常にそのことばかりを考えて仕事をしていました。

とうとうそば切包丁を捨てて、20年前にこの「裁ち切りそば」を完成させました。

それからも何度も頭を打ちながら、現在に至っています。

今でも試行錯誤の繰り返しなのですが、ひとまず、これが、古今東西において、

唯一無二のものであると国が認めてくれました。これを授かりました。
DSC_0172-s.jpg
DSC_0176-s2.jpg
皆さま、お蕎麦のブランドが誕生しました。

私はこれからこのブランドを守っていくのですが、大きな目標も得ることができました。

一眞坊を支えてくださるお客様に感謝の意を持ってご報告させていただきます。

また商標を得るまでにご協力いただいた方々、弁理士の萩森先生に深く感謝いたします。



  1. 2016/05/16(月) 21:08:19|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

sobaskey

Author:sobaskey
一眞流裁ち切り蕎麦、一眞坊の店主です。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
仕事 (17)
料理 (1)
お漬物 (4)
coffee (4)
器 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR