No Soba No Life

年越しそば

年越しそばのたくさんのご注文誠にありがとうございました。

また、混雑にも関わらずご来店くださり、たくさんのご注文をくださったお客様各位、深く感謝申しあげます。

売り切れのためにご対応できなかったお客様、申し訳ありませんでした。

年越しのお蕎麦には特別な思いがあります。一年で一番良いものに仕上げたい、一番たくさんの蕎麦を打って、

たくさんのお客様に喜んでいただいて、一人ひとりのお客様に感謝の気持ちを言葉で申し上げたい!。

何十年もそんな思いで年越しを迎えますが、一度もそんなことの欠片でもできたことがありません。

毎年(去年は引越しのために営業はしていませんでしたが)、終わってみると「生きてたか・・」ってな感じで

正月を迎えます。

今年は年の境目にブログを残そうと思いました。

まずは夜中から仕込みに入ってなにをしているのかw。

身支度を整え、顔を洗うと神棚にご祈祷と仏様に納経と御真言、ここから入ります。(なかなかそば打ちにはいれない)

これが日課です。製粉は前日に丸抜きを作っておいて、タイマーとインバーター石臼のお力をおかりして、このご祈祷が

終わることに粉ができているようにプログラムしております。

で、年越しの日も同じようにそば打ちに入ります。

DSC03136.jpg
私の場合、テイクアウトのお客様伝票を目の前に貼り付け、一人前を切ってはそれを箱詰めするというやり方ですので

「これは、だれそれさんの分だな」って思いながら箱に詰めていきます。

裁ち切りそばの良いところは、切った一本いっぽんの麺線を見ることができます。一本いっぽんの麺線をみながら、この

そばを召し上がるお客様のことを思っていると、私の切る一本いっぽんが、お客様の一口ひとくちにつながっていると実

感してきます。力の限りいい切り蕎麦を生み出したい。そんな思いでいっぱいになります。

DSC03135.jpg
箱に詰め、それから出汁を詰め、詰め終わったころにはお店の方にお客様が満席にいらっしゃいます。お馴染みのお客様

もたくさんいらっしゃいます。ご挨拶もできません。毎年、こんな感じで年越しの営業が始まり、数時間で終わり、この

疲労感と充実感が自分の生きている証、生かせていただいていることに深く感謝をする一年の締めくくり、わたしは本当

に蕎麦屋でよかった。なんて思ったりします。

  1. 2013/12/31(火) 23:11:29|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リビング | ホーム | 金継ぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobaskey.blog.fc2.com/tb.php/16-9310a5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sobaskey

Author:sobaskey
一眞流裁ち切り蕎麦、一眞坊の店主です。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
仕事 (14)
料理 (1)
お漬物 (4)
coffee (4)
器 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR