No Soba No Life

復活の兆し

暑い日が続いておりまするが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

梅雨に入るといよいよ玄蕎麦も元気がなくなります。仕方ないですな。

それでも「わしが気合いで生き返らしちゃる!」とばかりに蕎麦を打つ毎日なのですが、

いよいよ真夏となると、大変に仕事も複雑になり、雑用も増え、私自身が「点滴してくれ~~」の

毎日であります。ですが、そんなときにちょっといいお話^^。

私はヘロヘロですが、今度は玄蕎麦が「気合いじゃ~!」と生き生きしてくるのです。

そう、玄蕎麦もやはり種。自分が畑に播種される季節をちゃんとわかっていて、外に出る扉が開くのを

待つがごとく蠢(うごめ)き出すのです。

私は製粉を初めてからずっと福井丸岡の専属です。ですがはじめはこんなことに気付きませんでした。

気付いたときは「ん?この夏のくそ暑いときに俺もずいぶんいい仕事をするようになったもんじゃ」く

らいの感じでしたが、毎年この「ん?・・・」が続くと「そっか^^そっか^^」と確信を得るのです。

おそらく種は温度に敏感なのでしょう。農家のご婦人方の話からもわかります。早播きをするときは、その

種を温めておくそうです。どうやって温めるの?と私が聞くとちょっと恥ずかしそうに、下着の中に挟んで

ます。と答えてくれました。ふつうならその種になったつもりで想像してみるのが男というものでしょが、

このときのお話の相手は80はとうに過ぎている婆さまでしたので、ごく普通の会話で済みましたぞな。

ちと話が脱線しとるやん。

だけど玄そば君よ。残念でした!(ラッキーでした??)

君は私に打たれ

DSC_0147.jpg

のされ

DSC02585.jpgDSC02588.jpgDSC02589.jpgDSC02591.jpg

切られてしまうのだよ。

DSC02604.jpgDSC02596.jpgDSC02610.jpgDSC02608.jpg

でも、咲くよりも美しくなるんだよ。

毎年、新そばのときよりも、蕎麦と共に生きていることを実感し、そばを愛おしく思う季節です。
  1. 2013/07/28(日) 22:40:43|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夕顔 | ホーム | まずは最近の仕事の変化から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobaskey.blog.fc2.com/tb.php/2-b017b1a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sobaskey

Author:sobaskey
一眞流裁ち切り蕎麦、一眞坊の店主です。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
仕事 (14)
料理 (1)
お漬物 (4)
coffee (4)
器 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR